東京大学法学部に学しました!
東京大学法学部に入学

首尾よく東大法学部に入学した。

溝手は生来のスポーツ好き。
またまたスポーツ好きの虫が目を覚ました。

「よし弱いアメフト部をオレが強くするぞ!」
とアメリカンフットボール部に入部。

中世ヨーロッパの剣士を思わせる、ヘルメット。
肩には鎧のようなショルダーパットに身を固めた独特のスタイル。
一瞬のスピードと全身で力いっぱいぶつかり合い、勝負を賭ける姿にも憧れた。





アメフト部で。(前列右端の背番号81が溝手)

前列右の背番号81がみぞて

当時の東大は2部リーグに低迷、1部昇格は“夢のまた夢”といわれていた。

そんなアメフトに飛び込んだ溝手だが、3年生のとき2部で優勝し、1部リーグとの入れ替え戦に敗れた。

4年生になり主将になった。

「なにが、なんでも優勝して1部リーグ入りしよう」
を合言葉に部員を引っ張り、連日駒場練習場でボールを追った。

その甲斐あって全勝し入れ替え戦で防衛大に完勝した。
そして念願の1部リーグ入りを果たした。
それは昭和34年に東大アメフトが誕生して以来、悲願の達成だった。

そのときの喜びを思い起こし溝手は
「オレの在学中に1部リーグ入りするぞという目標を心に持っていた。人生も目標に向かい努力、突進あるのみだ」と悟ったという。


前列右から2番目がみぞて

念願の1部リーグ入りを果たす




サラリーマン時代の年賀状
新入社員のみぞて青年

昭和41年。
東京大学を卒業し、新日鉄(旧富士製鉄)に入社した。
配属は、姫路の広畑製鉄所だった。

アメフト部がないため、今度はラグビー部に入部する。
ここでもスポーツと縁は切れず毎日ラグビーに興じた。

スポーツ好きの溝手だが、現場の仲間と居酒屋で盃を酌み交わし語らう。
そのひとときは楽しく、有意義で、多くの先輩から諸々の人生路のあり方を学んだという。

3年間の現場経験を積み東京本社へ。
この間、富士製鉄と八幡製鉄が合併し新日鉄となった。



今度はラグビー

夕日に向かって走れ!


職場の仲間達と(後列右端)

泥だらけ…(後列中央)

会社の同僚と




美重子夫人との新婚時代。今も夫婦仲の良い理想のカップル
美重子夫人との新婚時代

また入社4年目の昭和44年3月、美重子さんと大恋愛の末ゴールインした。

当時のロマンスを美重子夫人が語る。

「今は互いに太ってしまいましたが(笑)、当時の夫は俳優の渡哲也さんを彷彿とさせる男前でした。(惚)

私は芦屋、彼は明石に住んでいたのでなかなか会えません。

デートがどれほど楽しみだったか…。(遠い目)」


二人の仲むつまじさは、何十年経った今も変わらない。
夫人をことのほか大切にする溝手の愛妻家ぶりは有名だ。
長年支え合い、互いを愛おしみ、豊かに年を重ねている理想の夫婦像がここにある。


会社経営者時代につづく


ナビゲーター

トップページ

事務所のご案内

フェイスブック

みぞてレポート

プロフィール
 幼少期から高校時代
 大学時代から新日鐵時代
 会社経営者時代
 政治家・溝手顕正の誕生

政策・主張


トップページへ戻る